たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】130 インナーケアと入浴②

2022.04.09

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

入浴は皮膚の清潔を保つスキンケアであると共に、体内からも皮膚に大きく働きかけます

3回シリーズで、そのはたらきをご案内します

今回はその2回目です

③血 流 促 進:

交感神経が活発になると末梢血管が収縮します 

冷えた体を芯から温めたい場合は、ややぬるめのお湯にゆっくり浸かり 副交感神経の働きによって末梢血管の血流を促します 

血の巡りが良くなると、酸素や栄養や老廃物の運搬・回収がスムーズになって新陳代謝が促進されます

 

④デトックス:

皮膚は老廃物の排出器官でもあります

入浴により皮膚表面の古い角質や毛穴の汚れが洗い流されると共に血液中の不要成分が汗の成分として排出されます

とはいっても、お小水や便による排出量に比べればごく微量です

それでも汗をかく機会が多い方が、いわゆる『デトックス効果』は期待できます

なお極端な長湯をすると発汗量は増すものの角質の多くの皮脂が流出し、保水性が低下、発汗によって失われる水分量は多くなります

その結果皮膚の乾燥を招くため、お薦めは出来ません

       

 

 

 

 

化粧品

2022.06.25化粧品
【皮膚と栄養】179 栄養成分のイメージと実際㊳ 脂質中の成分
2022.06.24化粧品
【皮膚と栄養】178 栄養成分のイメージと実際㊲ 脂肪酸の種類
2022.06.23化粧品
【皮膚と栄養】177 栄養成分のイメージと実際㊱ 油脂ー3
2022.06.22化粧品
【皮膚と栄養】176 栄養成分のイメージと実際㉟ 油脂ー2
2022.06.21化粧品
【皮膚と栄養】175 栄養成分のイメージと実際㉞ 油脂ー1
2022.06.20化粧品
【皮膚と栄養】174ちょっと寄り道 食物アレルギーを生じ易い食品
2022.06.18化粧品
【皮膚と栄養】173 栄養成分のイメージと実際㉝ カルノシン 
2022.06.17化粧品
【皮膚と栄養】172 栄養成分のイメージと実際㉜ カリウム
2022.06.16化粧品
【皮膚と栄養】171 栄養成分のイメージと実際㉛ ネバネバ成分
2022.06.15化粧品
【皮膚と栄養】170 栄養成分のイメージと実際㉚ プラセンタ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養