たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】132 インナーケアと朝食

2022.04.14

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回は【皮膚と栄養】126の『夕食』に続き、朝食のお話です

はじめに、食事や活動によるエネルギー収支について述べますと

1日の総エネルギー消費量(熱産生量) =  です

(内訳)基礎代謝量:生命を維持するためのエネルギー量:約60%

    ●身体活動量:身体活動による消費エネルギー量:約30%

      ★食事誘発性熱産生:食事により、食後に発生(消費)する熱量:約10%

                  (↑★食後に体がポカポカ温まるのが自覚出来ます)

この 食事誘発性熱産生 について、ドイツの大学の2020年の研究結果を一部参照すると、朝食と夕食に同じエネルギー量の食事をした場合(そのエネルギー量に関わらず)、朝食で夕食の2.5倍にもなることが分ったそうです

つまり、同じものを食べても夜より朝の方がエネルギー消費し易く、体脂肪として蓄積しにくいということです

は1日の総エネルギー消費量の1割程ですが、これを増やすことで、総エネルギー消費量を増すことも期待できます

また朝食が低カロリーの場合、その日は空腹の感じ方が強く、特に甘い物への欲求が増すことも分かりました

朝食をしっかり摂り夕食は軽めにすることが、『代謝を良くする』ために役立つようです

    (参照:The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, Volume 105, Issue 3, March 2020, Pages e211–e221)  

さらに、のエネルギー源となる糖質・脂質・たん白質のうち、特にたん白質の熱産生量が大きいです

このため、肉・魚・卵・大豆製品などたん白質食品を添えた朝食を十分に摂ることが

全身組織の原料を確保し新陳代謝を高め、皮下の脂肪組織量を適正に保つことになり、『皮膚のインナーケア』の一助となります

化粧品

2022.05.27化粧品
【皮膚と栄養】155 栄養成分のイメージと実際⑮ 脂と油
2022.05.26化粧品
【皮膚と栄養】154 ちょっと寄り道  2022年4月1日より~
2022.05.25化粧品
【皮膚と栄養】153 栄養成分のイメージと実際⑭ 加工食品の甘味料
2022.05.24化粧品
【皮膚と栄養】152 栄養成分のイメージと実際⑬ 白砂糖と黒砂糖
2022.05.23化粧品
【皮膚と栄養】151 栄養成分のイメージと実際 ⑫ ジュース・スムージー
2022.05.21化粧品
【皮膚と栄養】150 栄養成分のイメージと実際⑪ 野菜と果物
2022.05.19化粧品
【皮膚と栄養】149 栄養成分のイメージと実際⑩ 主食(穀類)
2022.05.18化粧品
【皮膚と栄養】148 栄養成分のイメージと実際⑨ アルコール飲料
2022.05.17化粧品
【皮膚と栄養】147 栄養成分のイメージと実際⑧ 発酵茶
2022.05.16化粧品
【皮膚と栄養】146 栄養成分のイメージと実際⑦ コーヒー
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養