たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】133 インナーケアと昼食・間食

2022.04.16

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

昼食と夕食の間隔は長く、エネルギー消費による空腹を感じ易いです

また空腹感が強くなると食欲が増し、夕食を多く摂りがちです

そして空腹状態が続き血糖値の低い状態で食事をすると、血糖値は急上昇し易くなります

するとインスリンが多く分泌し、余分な血糖を中性脂肪に作り替えて脂肪組織に移します

これは血管や臓器などの組織を高血糖によるダメージから守るための仕組みです

            (皮膚に対するダメージの例:細胞の老化の一因となる糖化

 麺・パンが中心の昼食は見た目の割に糖質量が多く、インスリンを多く分泌し易いです

すると血糖値が低下する際に眠気を生じたり、空腹感を早く生じがちです

 

対策は、昼食を弁当や定食にしたり、空腹が強まる前に適量の間食を摂ることです

間食には、甘い菓子よりも食事の延長の『軽食』が理想的です

例:★少量のミックスサンドと牛乳  ★フルーツを加えた無糖ヨーグルト など

なお、成人の1日の間食は200kcal以下が目安です

外出時はゼリードリンクやシリアルバー等も便利ですので利用してみましょう

 

化粧品

2022.05.27化粧品
【皮膚と栄養】155 栄養成分のイメージと実際⑮ 脂と油
2022.05.26化粧品
【皮膚と栄養】154 ちょっと寄り道  2022年4月1日より~
2022.05.25化粧品
【皮膚と栄養】153 栄養成分のイメージと実際⑭ 加工食品の甘味料
2022.05.24化粧品
【皮膚と栄養】152 栄養成分のイメージと実際⑬ 白砂糖と黒砂糖
2022.05.23化粧品
【皮膚と栄養】151 栄養成分のイメージと実際 ⑫ ジュース・スムージー
2022.05.21化粧品
【皮膚と栄養】150 栄養成分のイメージと実際⑪ 野菜と果物
2022.05.19化粧品
【皮膚と栄養】149 栄養成分のイメージと実際⑩ 主食(穀類)
2022.05.18化粧品
【皮膚と栄養】148 栄養成分のイメージと実際⑨ アルコール飲料
2022.05.17化粧品
【皮膚と栄養】147 栄養成分のイメージと実際⑧ 発酵茶
2022.05.16化粧品
【皮膚と栄養】146 栄養成分のイメージと実際⑦ コーヒー
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養