たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】134 インナーケアと夜の食事

2022.04.19

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、皮膚や全身の組織の新陳代謝を担います

このため、深い睡眠や成長ホルモンの原料となるたん白質の確保が重要です

薬局栄養士が『寝る前に成長ホルモンの原料を夜食で摂った方が良い?』といった質問を受ける機会も増えています

結論は、個人差が有るものの、一般的には成人には不要といえます

例えば成長期かつ身体活動量が多い十代など、夕食をしっかり食べても空腹で目を覚ますような場合、乳製品など消化の良いたん白質を夜食に摂ることが推奨されます

 

なお、夜食が推奨される例は

・肝臓疾患などにより睡眠中に低血糖を生じ易く、就寝前の軽食の医師指示がある場合

・胃腸の疾患などにより、1回の食事量が極端に少ない場合

など、特殊な場合に限られます

一般に成人の場合、成長ホルモンの原料のたん白質は夕食や1日の食事で確保でき、夜間に摂取したエネルギーは余剰となり体内に蓄積されがちです

もしやむを得ず深夜に夕食や夜食を摂る場合は、消化が良い料理を軽く摂り、胃腸の負担を軽減して睡眠の質を保ちましょう

遅い夕食による摂取エネルギーの余剰を避けるには、帰宅前に主食(おにぎりやパン)を摂り、帰宅後に低脂質の主菜(焼魚や蒸鶏など)や副菜(スープや付け合わせのおかず)を摂るなど、夕食を前・後半に分割して摂ることも一つの方法です

 

 

 

 

 

 

化粧品

2022.05.27化粧品
【皮膚と栄養】155 栄養成分のイメージと実際⑮ 脂と油
2022.05.26化粧品
【皮膚と栄養】154 ちょっと寄り道  2022年4月1日より~
2022.05.25化粧品
【皮膚と栄養】153 栄養成分のイメージと実際⑭ 加工食品の甘味料
2022.05.24化粧品
【皮膚と栄養】152 栄養成分のイメージと実際⑬ 白砂糖と黒砂糖
2022.05.23化粧品
【皮膚と栄養】151 栄養成分のイメージと実際 ⑫ ジュース・スムージー
2022.05.21化粧品
【皮膚と栄養】150 栄養成分のイメージと実際⑪ 野菜と果物
2022.05.19化粧品
【皮膚と栄養】149 栄養成分のイメージと実際⑩ 主食(穀類)
2022.05.18化粧品
【皮膚と栄養】148 栄養成分のイメージと実際⑨ アルコール飲料
2022.05.17化粧品
【皮膚と栄養】147 栄養成分のイメージと実際⑧ 発酵茶
2022.05.16化粧品
【皮膚と栄養】146 栄養成分のイメージと実際⑦ コーヒー
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養