たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】136 食材のビタミンC損失

2022.04.23

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

皮膚の抗酸化やコラーゲン生成に不可欠なビタミンCは、体内で生成することができず、ストレス喫煙などにより多量に消費されます

このため他のビタミンに比べ、必要量が成人で100㎎/日と特に多いビタミンです

また水溶性ビタミンのため尿で排出されやすく、体内に備蓄することが出来ません

またアルコールカフェイン飲料の脱水・利尿作用による尿量増加に比例し、ビタミンCの排出量も増えます

さらに(植物の)収穫後の代謝、水への流出、高温・酸素・酵素との接触、低温によっても失われてしまいます

このため、食材の保存や下処理、調理方法には工夫が必要です

 

 【★ビタミンCを失う場面 と ☆その対策】

収穫からの時間経過(収穫後の植物の代謝による消費)

  ☆ 新鮮な食材を入手し、早めに食べる

食材を切ってからの水洗い 

  ☆洗ってから切る  

生の胡瓜や人参の酵素との接触(生野菜サラダや和え物)

  ☆食べる直前に材料を混ぜ、早めに食べ切る

高温・長時間加熱(茹でる・煮る)

  ☆生食や短時間加熱(焼く・炒める・揚げるなど水を使わない調理)      

冷凍保存(冷凍庫内の空気中の水分が凍結し、食材表面が乾燥・酸化し易くなる)

  ☆食材を密閉し空気を抜き保存する・食材の表面積を減らす(塊にする・丸める)

  

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2022.05.27化粧品
【皮膚と栄養】155 栄養成分のイメージと実際⑮ 脂と油
2022.05.26化粧品
【皮膚と栄養】154 ちょっと寄り道  2022年4月1日より~
2022.05.25化粧品
【皮膚と栄養】153 栄養成分のイメージと実際⑭ 加工食品の甘味料
2022.05.24化粧品
【皮膚と栄養】152 栄養成分のイメージと実際⑬ 白砂糖と黒砂糖
2022.05.23化粧品
【皮膚と栄養】151 栄養成分のイメージと実際 ⑫ ジュース・スムージー
2022.05.21化粧品
【皮膚と栄養】150 栄養成分のイメージと実際⑪ 野菜と果物
2022.05.19化粧品
【皮膚と栄養】149 栄養成分のイメージと実際⑩ 主食(穀類)
2022.05.18化粧品
【皮膚と栄養】148 栄養成分のイメージと実際⑨ アルコール飲料
2022.05.17化粧品
【皮膚と栄養】147 栄養成分のイメージと実際⑧ 発酵茶
2022.05.16化粧品
【皮膚と栄養】146 栄養成分のイメージと実際⑦ コーヒー
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養