たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】139 カルシウムの吸収と利用

2022.05.02

みなさんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

骨や歯、血圧、筋肉の働きなどに密接に関わるカルシウムは体重の1~2%を占めます

皮膚の肌理(キメ)を整えたり、保水性を保つためにも大切なミネラルです

主に乳製品や海産物(魚介類・海藻類)、葉野菜などに含まれますが、量・頻度共に特に摂り易い供給源は乳製品です

乳製品に含まれる乳糖やCPP(カゼインホスホペプチド)の作用や、リンとカルシウムの比率などの要因により、乳製品のカルシウム吸収率は40%以上と高くなります

(例:小魚:30%台  野菜:20%弱)

また、日光浴で皮下で作られるビタミンDや納豆・葉野菜のビタミンK、運動による骨への刺激も、カルシウムの骨への吸着を促します

なお、カルシウム摂取が不足すると血中濃度を維持するために骨のカルシウムが溶出し、これが繰返されると血管内壁にカルシウムが付着し石灰化したり、体内で結石を作る要因となります

また、ナトリウム・たん白質・糖質の過剰摂取はカルシウムの排出を促進しますし、加工食品・肉類などの摂り過ぎも体内のリンの量を増してカルシウムの利用効率に支障を来します

さらに、菜食主義や精製度の低い穀類(玄米など)の多量摂取で食物繊維やフィチン酸の過剰摂取を生じると、カルシウムの吸収が妨げられます

このように、食べ方の偏りはさまざまな支障を生じます

多様な食品を偏りなく摂りましょう!

化粧品

2022.05.27化粧品
【皮膚と栄養】155 栄養成分のイメージと実際⑮ 脂と油
2022.05.26化粧品
【皮膚と栄養】154 ちょっと寄り道  2022年4月1日より~
2022.05.25化粧品
【皮膚と栄養】153 栄養成分のイメージと実際⑭ 加工食品の甘味料
2022.05.24化粧品
【皮膚と栄養】152 栄養成分のイメージと実際⑬ 白砂糖と黒砂糖
2022.05.23化粧品
【皮膚と栄養】151 栄養成分のイメージと実際 ⑫ ジュース・スムージー
2022.05.21化粧品
【皮膚と栄養】150 栄養成分のイメージと実際⑪ 野菜と果物
2022.05.19化粧品
【皮膚と栄養】149 栄養成分のイメージと実際⑩ 主食(穀類)
2022.05.18化粧品
【皮膚と栄養】148 栄養成分のイメージと実際⑨ アルコール飲料
2022.05.17化粧品
【皮膚と栄養】147 栄養成分のイメージと実際⑧ 発酵茶
2022.05.16化粧品
【皮膚と栄養】146 栄養成分のイメージと実際⑦ コーヒー
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養