たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】144 栄養成分のイメージと実際⑤ 牛乳・豆乳

2022.05.12

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

牛乳と豆乳の使い分けについて質問を頂くことがあります

いずれも、体内で100%利用できる良質なたん白質で、皮膚の新陳代謝のために積極的に利用したい食品です

この他にも、それぞれ優れた特徴があります

下の表をご覧下さい

牛乳には脂溶性のコレステロールカロテン、ビタミンAが含まれます 

コレステロールは脳や全身の細胞膜、各種ホルモンの成分として不可欠です

カロテンやビタミンAは皮膚粘膜を健やかに整える作用があります

(牧草・飼料のカロテンは、牛の体内で必要な量がビタミンAに作り替えられ作用します

 ビタミンA自体は無色で、カロテンが黄~オレンジ色のため、加工により乳成分が濃縮された乳製品は黄色みを帯びます)

丈夫な骨をつくり、皮膚のキメを整えたり保水性を保つカルシウムも非常に豊富です!

                      

豆乳は大豆が原料で、水に浸し吸水させた大豆をすり潰し、水を加え一定の濃度に煮詰め濾したものです

絞りかすは食物繊維豊富なおからになります)

脂質は牛乳と差が有り、エネルギー量に反映されます

なお、植物性食品のため脂質にはコレステロールを含みません

そして、牛乳に比べるとカルシウム量はかなり少ないですが、が豊富です

牛乳、豆乳共に、1日にコップ1~2杯飲用した場合の成分の摂取量を想定・比較してみると良いでしょう

 

いずれも美と健康を支える栄養素が豊富です

目的に合わせ使い分けるのも良いですが、乳・大豆製品を全般に活用したいものです♪

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2022.05.27化粧品
【皮膚と栄養】155 栄養成分のイメージと実際⑮ 脂と油
2022.05.26化粧品
【皮膚と栄養】154 ちょっと寄り道  2022年4月1日より~
2022.05.25化粧品
【皮膚と栄養】153 栄養成分のイメージと実際⑭ 加工食品の甘味料
2022.05.24化粧品
【皮膚と栄養】152 栄養成分のイメージと実際⑬ 白砂糖と黒砂糖
2022.05.23化粧品
【皮膚と栄養】151 栄養成分のイメージと実際 ⑫ ジュース・スムージー
2022.05.21化粧品
【皮膚と栄養】150 栄養成分のイメージと実際⑪ 野菜と果物
2022.05.19化粧品
【皮膚と栄養】149 栄養成分のイメージと実際⑩ 主食(穀類)
2022.05.18化粧品
【皮膚と栄養】148 栄養成分のイメージと実際⑨ アルコール飲料
2022.05.17化粧品
【皮膚と栄養】147 栄養成分のイメージと実際⑧ 発酵茶
2022.05.16化粧品
【皮膚と栄養】146 栄養成分のイメージと実際⑦ コーヒー
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養