たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】166 栄養成分のイメージと実際㉖ 低カロリー食品

2022.06.10

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

細胞の糖化や血糖値・血中脂質・体脂肪対策に、摂取エネルギー量の調整は大いに意義があります

その助けとなるカロリー調整食品の種類は実に多く、その表記方法も多種多様です

カロリーを抑える旨をうたう栄養成分表示(栄養強調表示)の基準は、食品表示法により次のようにめられています

★ノンカロリーカロリーゼロ:実際に0kcal   または

                  5kcal/100g未満飲料は5kcal/ml未満

★ カロリーオフカロリー・ローカロリー・カロリー控え目

  カロリーライト・カロリーカット40kcal以下/100g飲料は20kcal/100ml以下

カロリー○%オフ比較する食品も明記

 

ノンカロリー・カロリーゼロ食品は、多量に摂るとそれなりのカロリーになりますね!

なお、コーヒー・茶・海藻・食物繊維は以前はカロリーが無いという扱いでしたが

・栄養成分の分析方法改良により、微量のエネルギー量を確認

・腸内細菌による分解で、人体が利用できるエネルギーの発生を確認(食物繊維)

によって、現在はおおむねに分類されるレベルのカロリーです

                     (食物繊維のカロリーは種類により差異あり)

食生活に上手に取り入れてコンディションを整えましょう

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2022.06.25化粧品
【皮膚と栄養】179 栄養成分のイメージと実際㊳ 脂質中の成分
2022.06.24化粧品
【皮膚と栄養】178 栄養成分のイメージと実際㊲ 脂肪酸の種類
2022.06.23化粧品
【皮膚と栄養】177 栄養成分のイメージと実際㊱ 油脂ー3
2022.06.22化粧品
【皮膚と栄養】176 栄養成分のイメージと実際㉟ 油脂ー2
2022.06.21化粧品
【皮膚と栄養】175 栄養成分のイメージと実際㉞ 油脂ー1
2022.06.20化粧品
【皮膚と栄養】174ちょっと寄り道 食物アレルギーを生じ易い食品
2022.06.18化粧品
【皮膚と栄養】173 栄養成分のイメージと実際㉝ カルノシン 
2022.06.17化粧品
【皮膚と栄養】172 栄養成分のイメージと実際㉜ カリウム
2022.06.16化粧品
【皮膚と栄養】171 栄養成分のイメージと実際㉛ ネバネバ成分
2022.06.15化粧品
【皮膚と栄養】170 栄養成分のイメージと実際㉚ プラセンタ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養