たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】180 栄養成分のイメージと実際㊴ 動物性脂質の用途

2022.06.27

こんにちは! 今回は物性脂質について、食用以外の用途のお話です

動物性脂質にはビタミンA・D・E、レシチン、エサに由来するカロテンなどの脂溶性成分が含まれ、スキンケアに幅広く活用されています

ビタミンAEは抗酸化ビタミンであるとともに皮膚・粘膜を健やかに保ちます

カロテンは、体内で必要な量がビタミンAに作り替えられ利用されます

(ちなみにビタミンAは無色ですが、カロテンは黄~橙色です)

*馬・牛・豚の油脂は飽和脂肪酸が多い固形で、酸化に強く体温で滑らかに伸びます

 漢方薬をはじめとする医薬品や化粧品の軟膏・クリーム類にも利用されています

*乳脂は化粧石鹸などのスキンケア製品に添加されています

 なお、乳脂肪分が多く含まれるチーズやバターの黄色はカロテンによるものです

 牛乳のカロテン量は牛の飲む水分の量(高温多湿の時期に増加)により薄まったり

 新鮮な牧草の摂取量(冬季に減少)によって増減したりします

卵黄にはリン脂質であるレシチンが含まれ、乳化剤の働きをします

 このはたらきが調理だけでなく医薬品(内用・外用)や化粧品にも利用されます

 スキンケアにおいてはクリームや軟膏に添加され、角質に水分と油分を与えてなじませ

 ビタミンADEなど栄養成分を浸透させます

 (鶏卵の黄色の濃さは、鶏のエサに含まれるカロテンの量によって変化します)

肝臓から採った肝油は、ビタミンAが特に多く、医薬品やサプリメントに利用されます

 なお余剰のビタミンAはすぐに排出されず体内に蓄積するため、過剰摂取は要注意です

 ちなみに深海鮫の肝油から抽出した油が『スクワレン』、これに水素を結び付けた脂が

 『スクワラン』です

 いずれも潤滑性に優れスキンケアに利用されます(スクワレンはヒトの皮脂にも含まれます)

化粧品

2023.09.28化粧品
【皮膚と栄養】516 鯨油(げいゆ:ホエール油)
2023.09.26化粧品
【皮膚と栄養】515 肝油
2023.09.25ミキ薬局からのお知らせ
【皮膚と栄養】514 馬油
2023.09.22化粧品
【皮膚と栄養】513 アーモンド油
2023.09.19化粧品
【皮膚と栄養】512 カカオ脂(ココアバター カカオバター)
2023.09.16化粧品
【皮膚と栄養】511 パーム油・パーム核油
2023.09.15化粧品
【皮膚と栄養】510 ヤシ油(ココナッツオイル)
2023.09.14化粧品
【皮膚と栄養】509 ヒマワリ油(サンフラワー油)・紅花油(サフラワー油)
2023.09.13化粧品
【皮膚と栄養】508 米油
2023.09.12化粧品
【皮膚と栄養】507 ゴマ油(胡麻油)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養