たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】182 栄養成分のイメージと実際㊶ 植物性脂質の用途

2022.06.29

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回は各種の植物性脂質についてのお話です

カカオバター、パーム油(アブラヤシ油)、ココナツ油(ヤシ油)、オリーブ油、椿油、グレープシード油、マカダミアナッツ油、米ぬか油、アーモンド油、シアバター、ホホバ油、アルガンオイル、アボカド油、アンズ種子油 等々、多くの種類があります

その多くが種子や実から抽出された油(液体)や脂(固形)で、スキンケア用(外用)と食用を兼ねるものも多いです

ヘアケアやスキンケアに用いられる油脂には

・皮膚の体温で溶け(低い融点)、ムラなく伸び広がる(伸展性) 

・ベタつかずしっとりなじむ(湿潤性) ・抗酸化力 

といった使用感機能性が求められ、植物性脂質はこれらの条件を満たすものが多いです

例えば、これらの植物の種子や実には、植物が土壌から吸収したミネラルが含まれます

その他、紫外線・酸化・昆虫や鳥からの食害や、気温や物理的な刺激から保護するための抗酸化ビタミン(ビタミンE)・ポリフェノールワックス成分などが含まれます

油脂の精製によってこれらの成分を除去する事も出来ますが、むしろ使用感や機能性など植物に由来する特徴・長所をもたらす成分として、除去せずに活かす場合が多いようです

 

 

 

 

化粧品

2024.03.02化粧品
【皮膚と栄養】545 フキ(蕗)
2024.03.01化粧品
【皮膚と栄養】544 ホースラディッシュ(西洋ワサビ) 
2024.02.29ミキ薬局からのお知らせ
【2024年3月】田端店栄養相談のお知らせ
2024.02.28化粧品
【皮膚と栄養】543 カボチャ(南瓜)
2024.02.27化粧品
【皮膚と栄養】542 芽キャベツ
2024.02.26化粧品
【皮膚と栄養】541 キャベツ
2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養