たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】188 栄養成分のイメージと実際㊼ 髪

2022.07.07

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

皮膚の角質や、毛髪の本体(伸びた部分)はダメージを自己修復出来ません

それは、すでに死んだ細胞であるためです

けれども、角質はその下層にある組織を保護し

     ☆爪は指先を保護したり物をつまんだり歩行運動を支え

     ☆毛髪は頭を気温や衝撃から守る    といった重要な機能を担っています

また、人と関わる上で自己の印象を演出・表現できる重要な組織です

これらの機能が発揮できる角質・爪・毛髪は、ツヤ・厚み(ハリ)・柔軟性を伴います

その状態を私たちは『健やか』といっています

毛髪の健やかさはインナーケアスキンケア(頭皮ケア・ヘアケア)により維持できます

 

毛髪は、紫外線・湿度・カット・パーマやカラーリング(薬剤)など、さまざまな刺激にさらされています

身体から脱落するまでの期間が角質や爪に比べ格段に長く、ダメージも蓄積し易いです

栄養摂取・血流促進などのインナーケアは、毛根部分において発毛・成長・脱落までの間関わり、ボリューム(毛量・太さ)、髪質(色素・ハリ‣コシ・うねり)、寿命に反映されます

枝毛・抜け毛・切れ毛・退色には、刺激・洗い方・乾燥(摩擦や熱)・トリートメント等 スキンケア(地肌ケア・ヘアケア)の仕方が影響します

十分に労わりお手入れをしたいですね

 

 

 

 

化粧品

2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン
2022.11.17化粧品
【皮膚と栄養】300 皮膚とアミノ酸類⑦ アスパラギン酸
2022.11.16化粧品
【皮膚と栄養】299 皮膚とアミノ酸類⑥ アルギニン
2022.11.15化粧品
【皮膚と栄養】298 皮膚とアミノ酸類⑤ シトルリン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養