たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】196栄養成分のイメージと実際54 化粧品とアミノ酸②

2022.07.16

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

前回に続き、化粧品に配合されたアミノ酸成分のお話です

化粧品のアミノ酸成分の役割は、皮膚の角質層の保湿と、毛髪の修復やコンディショニングです

 

そして、次のような目的で各種アミノ酸が化粧品に添加されています

★角層水分量増加による保湿、ヘアコンディショニング など

 プロリン・アスパラギン酸(・アスパラギン)・スレオニン・セリン・グリシン・

 グルタミン酸(・グルタミン)・アラニン・バリンソロイシンロイシン

 チロシン・フェニルアラニン 

★角層水分量増加による保湿、抗カルボニル化(たん白質と脂質の抗酸化) など 

 リジン

角層水分量増加による保湿、毛髪修復 など

 ヒスチジン

★角層水分量増加による保湿、パサつき抑制による毛髪修復 など

 アルギニン

 このうち太字のアミノ酸は体内で生成できず、飲食物から確保する必要のある

『必須アミノ酸』です

体の外側からのスキンケア内側からのインナーケアの、双方向からのケアによって

より健やかなお肌を目指しましょう! 

                        (参照:化粧品成分オンライン)

 

化粧品

2024.03.02化粧品
【皮膚と栄養】545 フキ(蕗)
2024.03.01化粧品
【皮膚と栄養】544 ホースラディッシュ(西洋ワサビ) 
2024.02.29ミキ薬局からのお知らせ
【2024年3月】田端店栄養相談のお知らせ
2024.02.28化粧品
【皮膚と栄養】543 カボチャ(南瓜)
2024.02.27化粧品
【皮膚と栄養】542 芽キャベツ
2024.02.26化粧品
【皮膚と栄養】541 キャベツ
2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養