たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】199 栄養成分のイメージと実際 57 食物繊維の種類

2022.07.20

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回から3回シリ―ズで、食物繊維の種類・特徴・はたらき・適正量の紹介をします

 

皆さんは栄養成分として『炭水化物』という名称を耳にすることがあると思います

炭水化物=糖質+食物繊維 です

食物繊維は水に溶けない『不溶性食物繊維』と、水に溶ける『水溶性食物繊維」の2種類があります

不溶性食物繊維:植物の細胞壁を構成する成分です

        ・セルロース(主要な不溶性食物繊維)

        ・ヘミセルロース(穀類の外皮に多い)

        ・リグニン(食品にはイチゴ・ナシ・ココアに多い)

        ・キチン・キトサン(エビ・カニの甲羅や昆虫の体表)

水溶性食物繊維:・ペクチン(植物の葉・茎・実に多い)

        ・コンニャクマンナン(こんにゃくの成分)

        ・アルギン酸ナトリウム(海藻類から抽出・加工した成分)

        ・難消化性デキストリン(トウモロコシ・小麦・グアー豆から加工)

                               

                    次回、それぞれの特徴について触れます♪

                                                                           

化粧品

2022.08.16化粧品
【皮膚と栄養】220 スキンケア品の食品成分④ 桃・杏
2022.08.15化粧品
【皮膚と栄養】219 スキンケア品の食品成分③ ハトムギ
2022.08.13化粧品
【皮膚と栄養】218 スキンケア品の食品成分② オリーブオイル  
2022.08.12化粧品
【皮膚と栄養】217 スキンケア品の食品成分① 卵黄
2022.08.10化粧品
【皮膚と栄養】216 食物アレルギーと皮膚③
2022.08.09化粧品
【皮膚と栄養】215 食物アレルギーと皮膚②
2022.08.08化粧品
【皮膚と栄養】214 食物アレルギーと皮膚①
2022.08.06化粧品
【皮膚と栄養】213 皮膚のバリア機能と食物アレルギー
2022.08.05化粧品
【皮膚と栄養】212 汗とインナーケア②
2022.08.04化粧品
【皮膚と栄養】211 汗とインナーケア①
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養