たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】199 栄養成分のイメージと実際 57 食物繊維の種類

2022.07.20

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回から3回シリ―ズで、食物繊維の種類・特徴・はたらき・適正量の紹介をします

 

皆さんは栄養成分として『炭水化物』という名称を耳にすることがあると思います

炭水化物=糖質+食物繊維 です

食物繊維は水に溶けない『不溶性食物繊維』と、水に溶ける『水溶性食物繊維」の2種類があります

不溶性食物繊維:植物の細胞壁を構成する成分です

        ・セルロース(主要な不溶性食物繊維)

        ・ヘミセルロース(穀類の外皮に多い)

        ・リグニン(食品にはイチゴ・ナシ・ココアに多い)

        ・キチン・キトサン(エビ・カニの甲羅や昆虫の体表)

水溶性食物繊維:・ペクチン(植物の葉・茎・実に多い)

        ・コンニャクマンナン(こんにゃくの成分)

        ・アルギン酸ナトリウム(海藻類から抽出・加工した成分)

        ・難消化性デキストリン(トウモロコシ・小麦・グアー豆から加工)

                               

                    次回、それぞれの特徴について触れます♪

                                                                           

化粧品

2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養