たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】240 スキンケア品の食品成分㉔ 甘草(カンゾウ)

2022.09.12

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

スキンケア品の原料は食用と共通するものが多く、数回にわたり幾つかを紹介しています

今回は、甘草(カンゾウ) の紹介です

その名の通り、噛むと甘味のある植物で、漬物や醤油、菓子やアイスクリーム等の甘味料に用いられます

また、甘草の消炎作用は広く知られており、漢方薬や市販薬をはじめ、医薬部外品や化粧品にと幅広く含まれます(*摂り過ぎは血圧上昇やむくみ等を生じます)                   

 

化粧品(医薬部外品である薬用化粧品を含む)には、水で抽出されたエキス成分が次の目的で添加されます([ ]は医薬部外品表示)

カンゾウ根エキス[カンゾウエキス、カンゾウ抽出末](主成分 グリチルリチン酸)

                             抗アレルギー・抗炎症

                 *医薬部外品の場合、配合量には上限が設定されています

甘草フラボノイド、カンゾウ根エキス[カンゾウフラボノイド](主成分 グラブリジン)

                                 色素沈着抑制 

               メラニン色素の『もと』のメラニンへの変化を妨げる             

*なお、化粧品への配合量や通常使用下では、一般に安全性に問題ない成分と考えられています (参考:化粧品成分オンライン)

化粧品

2022.10.05化粧品
【皮膚と栄養】266 化粧品の食品成分㊵ パセリ
2022.10.04化粧品
【皮膚と栄養】265 化粧品の食品成分㊴ サクラ(桜)
2022.10.03化粧品
【皮膚と栄養】264 化粧品の食品成分㊳ シラカバ(白樺)
2022.10.01化粧品
【皮膚と栄養】263 化粧品の食品成分㊲ スギナ(ツクシ)
2022.09.30化粧品
【皮膚と栄養】253 化粧品の食品成分㊱ ゴボウ(牛蒡)
2022.09.29化粧品
【皮膚と栄養】252 化粧品の食品成分㉟ オクラ
2022.09.28化粧品
【皮膚と栄養】251 化粧品の食品成分㉞ サンショウ(山椒)
2022.09.26化粧品
【皮膚と栄養】250 化粧品の食品成分㉝ ブドウ
2022.09.24化粧品
【皮膚と栄養】249 化粧品の食品成分㉜ キウイフルーツ
2022.09.22化粧品
【皮膚と栄養】248 化粧品の食品成分㉛ パパイヤ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養