たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】246 化粧品の食品成分㉙ キュウリ

2022.09.20

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

スキンケア品の原料は食用と共通するものが多く、数回にわたり幾つかを紹介しています

今回は、キュウリ です

キュウリは95%以上が水分の夏野菜です

夏が旬の野菜や果物に豊富なカリウムが、体内の余分なナトリウムの排出を促します

するとナトリウムの血中濃度を薄め一定に保っていた水とその熱(体温)が排出されます

このため、夏にキュウリ(をはじめとするカリウム豊富な夏の野菜・果物)を食べると 体内にこもった熱を逃し涼感を得ることができると考えられます

               

そして、化粧品(医薬部外品である薬用化粧品を含む)に添加される

キュウリ果実エキス[キューカンバーエキス]は水やエタノールで抽出され

角質水分量増加による保湿を目的として用いられます([ ]は医薬部外品表示)

なお、化粧品への配合量や通常使用下においては、一般に安全性に問題のない成分と考えられています (参考:化粧品成分オンライン)

現在は食品全般を直に肌に用いることは薦めませんが、古くから各地で行われていたお肌のキュウリパックは、保湿作用の得られる生活の知恵であったといえます                                                          

 

化粧品

2022.10.05化粧品
【皮膚と栄養】266 化粧品の食品成分㊵ パセリ
2022.10.04化粧品
【皮膚と栄養】265 化粧品の食品成分㊴ サクラ(桜)
2022.10.03化粧品
【皮膚と栄養】264 化粧品の食品成分㊳ シラカバ(白樺)
2022.10.01化粧品
【皮膚と栄養】263 化粧品の食品成分㊲ スギナ(ツクシ)
2022.09.30化粧品
【皮膚と栄養】253 化粧品の食品成分㊱ ゴボウ(牛蒡)
2022.09.29化粧品
【皮膚と栄養】252 化粧品の食品成分㉟ オクラ
2022.09.28化粧品
【皮膚と栄養】251 化粧品の食品成分㉞ サンショウ(山椒)
2022.09.26化粧品
【皮膚と栄養】250 化粧品の食品成分㉝ ブドウ
2022.09.24化粧品
【皮膚と栄養】249 化粧品の食品成分㉜ キウイフルーツ
2022.09.22化粧品
【皮膚と栄養】248 化粧品の食品成分㉛ パパイヤ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養