たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】266 化粧品の食品成分㊵ パセリ

2022.10.05

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

スキンケア品の原料は食用と共通するものが多く、数回にわたり幾つかを紹介しています

今回は、パセリです

主に料理のあしらいとして利用される鮮烈な香りと彩りのハーブです

また、カルシウムやカリウム、カロテンやビタミンをはじめとする各種の栄養素も豊富な緑黄色野菜です

生食のほか、素揚げにしても歯ざわりを楽しむことも出来ます

ただし、200g以上の過剰摂取では、芳香成分の作用によって子宮収縮や、神経系・腎・肝機能への悪影響などを招くおそれがあります

カサの割に軽いパセリの100g単位での摂取はまず無いと思いますが、気を付けましょう

化粧品(医薬部外品である薬用化粧品を含む)には水で抽出されたエキス成分が、次のような目的で添加されます([ ]は医薬部外品表示)

●パセリエキス[パセリエキス]

 ・保湿:皮膚表面の柔軟化で角質層のバリア機能を健や保つことによる保湿作用

 ・抗酸化:活性酸素を分解消去する酵素を活性化させるはたらきによる抗酸化作用                                             

なお、化粧品への配合量や通常使用下では、一般に安全性に問題のない成分と考えられています(参考:化粧品成分オンライン)

化粧品

2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン
2022.11.17化粧品
【皮膚と栄養】300 皮膚とアミノ酸類⑦ アスパラギン酸
2022.11.16化粧品
【皮膚と栄養】299 皮膚とアミノ酸類⑥ アルギニン
2022.11.15化粧品
【皮膚と栄養】298 皮膚とアミノ酸類⑤ シトルリン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養