たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン

2022.11.30

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です 

食品中のアミノ酸類はスキンケアに深く関連します

今回は各種アミノ酸の一種である、メチオニンについてのお話です

食品から摂取の必要がある必須アミノ酸で、黄をむ『含硫アミノ酸』でもあります

その働きは            ・肝臓の機能を助ける     ・健やかな毛髪の組成に関わる

・筋肉の新陳代謝を促す    ・システインを合成する

・アレルギーの原因となるヒスタミンの血中濃度も抑える

・(アルギニンやグリシンと共に)体内のエネルギー源であるクレアチンの原料となる

など実に多様で、カツオや乳製品や肉類などに豊富に含まれます 

かつおだしや牛乳、チーズ、主菜(メインのおかず)等で、毎日コツコツ摂取しましょう

なお、お酒を過剰に摂取するとアルコール代謝の際に消費され、欠乏を生じかねません

年末年始など、お酒を飲む機会が増える時期は特に気を付けましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養