たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)

2022.12.09

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

前回は、身体の原料となるアミノ酸と魚肉についてのお話でした

その流れで、今回はちょっと寄り道です

皆さんはスケトウダラをご存知ですか?

スケソウダラ(助惣鱈)とは呼び名が異なるだけで、タラの仲間の同じ魚です

低脂肪・高たん白で、皮膚や身体組織を作る食材としてヘルシーな素材です

さらにスケソウダラは安定した収穫量があり、安価で多量に調達する事が可能です

ちなみに日本では鱈(タラ)、韓国では明太(ミョンテ)と呼ばれるため、その魚卵は『鱈の子』『明太子』です

なお、スケソウダラは焼くと身崩れし易いですが、塩を加えると粘りを生じるたん白質(ミオシン)を含みます

このため、すり身やかまぼこ・竹輪・はんぺんなどの練り物にしたり、切身(フィレ)はフィッシュバーガーやお弁当のフライの材料として、衣を付けて揚げる加工例が多いです

なお、養殖技術も開発されたものの、加工品の価格を抑えるにはそのコストがネックです

このため、私達が口にするのは、現状100%が天然ものです

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養