たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】342 セロリ

2023.01.17

こんにちは  ミキ薬局管理栄養士 畠山です

香辛料・香草・香味野菜から、今回はセロリについてのお話です

以前、近所でセロリ農家さんが大株のセロリを作っていました

ビニールハウスでしたが、天気の良い日などはとても良い香りが辺り一面漂っていた記憶があります

和名は、オランダから伝来した由来から、オランダミツバといいます

生の茎を丸かじりするとみずみずしさと共に特徴のある強い香りが広がりるほか、市販の唐揚げ粉やコンソメにもセロリ種子(セロリシード)の香味が感じられます

肉や魚など臭み消しに用いられるほか、イカと炒め物にするのも相性が良いですね

また、市販の『白だし』で少量のショウガと共に浅漬けにしてもオツな1品になります!

スキンケア製品には

セロリエキス:皮膚コンディショニング剤に添加

セロリ種子エキス:爪の細胞分化・セラミドやケラチンの生成を促す作用があるとして

         ネイルケア製品に添加          といった例があります

また、アロマテラピーにはセロリシードオイル(セロリ種子の精油)が利用されます

その強い香りによるリフレッシュ作用は、スキンケアへの応用が期待されています

(現在は精油の作用についての具体的な根拠が少なく、研究の途上です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養