たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】343 ミント(薄荷:ハッカ)

2023.01.18

こんにちは  ミキ薬局管理栄養士 畠山です

香辛料・香草・香味野菜から、今回はミントについてのお話です

西洋ハッカや日本薄荷などの多様な種類があり、メントールという成分が、清涼感の元となります

日本では主に歯磨粉やマウスウォッシュなどデオドラント品や、眠気冷まし・鼻の通りを良くする飴やガムなどに用いられています

けれども古くからミントを愛用する国々では、羊肉料理の臭み消しやチョコレート菓子、お茶やリキュールなどの飲食物、サラダや麺の薬味として、もっともっと幅広く活用されているようです

また、中国で夏にミントのお粥を食べるほか、地中海沿岸の神話にも、蜂蜜とミント入りの大麦の粥が登場します

いったいどんな食感なのでしょう・・・

ちなみに地下茎が50cmほどの深さまで地中に潜り、どんどん繁殖する力があるため、ガーデニングに用いる際は周囲の植物や隣家の敷地への影響にも注意を要します

スキンケア製品には西洋ハッカエキスが

・細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素のような働きによる抗酸化作用

・毛髪の摩擦を抑え柔軟性を保つことによるヘアコンディショニング作用

を目的として添加されています

 

 

 

化粧品

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養