たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】347 マジョラム

2023.01.23

こんにちは  ミキ薬局管理栄養士 畠山です

香辛料・香草・香味野菜から、今回はマジョラム(和名:花薄荷:はなはっか)についてのお話です

マジョラムは甘味のあるさわやかな香りのシソ科の香草(ハーブ)です

肉や魚の料理の臭み消しやドレッシング類の香り付けなどに用いられます

特にトマトやチーズ等との相性は良く、ドライハーブをひと瓶用意すると重宝します

 

香りは穏やかですが、口に含むと苦味を感じるのが特徴です

例えばビールの歴史を遡ると、醸造の際にホップを加え苦みを付けていましたが、ホップを用いる前はマジョラムが利用されていたのだそうです

化粧品成分としてはマヨラナ葉エキスが利用されます

活性酸素の生成を妨げることによる抗酸化作用が期待され、幅広いジャンルの製品に添加されています

化粧品

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養