たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】405 ダイズ(大豆)

2023.03.28

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です 

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、ダイズ(大豆)についてのお話です

ダイズは主成分がたん白質の豆です

ダイズたん白は植物性ですが、たん白質を構成するアミノ酸の組合せのバランスが非常に良く、動物性たん白と同等に、皮膚や身体組織を作る原料に利用され易い性質があります

枝豆や煮豆の他、味噌・醤油・豆乳・豆腐・おから・油揚げ・がんもどき・きな粉・納豆など多様な加工品もあり、動物性食品の摂取が少なかった日本人の貴重なたん白源として身体や健康を支えてきました

鉄分や食物繊維、ビタミンB群も豊富です

また現在では、大豆たん白を加工した『ダイズミート』も市販されるようになりました

畜肉に比べ低脂質で、ダイエットや健康を意識する方、菜食主義の方などの利用が増えています

素材の風味が淡白なため、和洋中のジャンルを問わず料理に幅広く活用することが出来る手軽さが特徴です

なお、農水省の作物統計や文部科学省の日本食品標準成分表では、完熟ダイズは豆類に、未熟ダイズの枝豆は野菜に分類されます(省庁や調査内容により分類方法が異なる場合があります)

 

 

化粧品

2024.05.22化粧品
【皮膚と栄養】598 Mikiluce薬用保湿ミルクについて⑨ オレイン酸エチル
2024.05.21化粧品
【皮膚と栄養】597 Mikiluce薬用保湿ミルクについて⑧ ヨモギエキス 
2024.05.20化粧品
【皮膚と栄養】596 Mikiluce薬用保湿ミルクについて⑦ ヒアルロン酸ナトリウム(2)
2024.05.15化粧品
【皮膚と栄養】595 Mikiluce薬用保湿ミルクについて⑥ ソルビット 
2024.05.14化粧品
【皮膚と栄養】594 Mikiluce薬用保湿ミルクについて⑤ オリーブ油
2024.05.13化粧品
【皮膚と栄養】593 Mikiluce薬用保湿ミルクについて④ コメヌカスフィンゴ糖脂質 
2024.05.11化粧品
【皮膚と栄養】592 Mikiluce薬用保湿ミルクについて③ グリチルリチン酸ジカリウム
2024.05.10化粧品
【皮膚と栄養】591 Mikiluce薬用保湿ミルクについて② ヘパリン類似物質 
2024.05.09化粧品
【皮膚と栄養】590 Mikiluce薬用保湿ミルクについて① はじめに 
2024.05.07化粧品
【皮膚と栄養】589  スキンケアに役立つカビ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養