たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】444 さつまいも

2023.05.25

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です  

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、さつまいもについてのお話です

 

飯の8割程のカロリーで、エネルギー代謝を促すビタミンB群、食物繊維、抗酸化ビタミンA・C・E等を含む健康食材です

保存性は良くないため、主食とする地域は限られますが、まとまった収量が得られます

このため国内では救荒食として栽培がはじまり、現在では改良によって多様な食感・糖度の品種が普及しています

なお、生の芋を切ると皮のすぐ内側から白い汁が分泌されますが、これはヤラピンという樹脂配糖体です

ヤラピンには下剤のような作用があるため、さつまいもを食べると便を柔らかくすることによる整腸作用が得られます

このため、焦げたり硬くなったりした部分を除き、さつまいもは皮はむかずに食べることをおすすめします

さらに、サツマイモにはポリフェノールのクロロゲン酸が含まれます

(コーヒーにも含まれる成分です)

クロロゲン酸には抗酸化作用があり、皮膚・身体のアンチエイジング成分としての働きが期待されています

ちなみに、皮がむけた箇所に緑色を帯びた黒いヤニ状の塊が出来ている場合があります

これはしみ出たヤラピンがクロロゲン酸と結びつき、クロロゲン酸の鉄が酸素と反応したことによるものです

見た目にはギョッとしますがさつまいもの品質には問題がなく、安心して召し上がることが出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2024.03.02化粧品
【皮膚と栄養】545 フキ(蕗)
2024.03.01化粧品
【皮膚と栄養】544 ホースラディッシュ(西洋ワサビ) 
2024.02.29ミキ薬局からのお知らせ
【2024年3月】田端店栄養相談のお知らせ
2024.02.28化粧品
【皮膚と栄養】543 カボチャ(南瓜)
2024.02.27化粧品
【皮膚と栄養】542 芽キャベツ
2024.02.26化粧品
【皮膚と栄養】541 キャベツ
2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養