たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】558 マツ(松)

2024.03.18

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、マツ(松)についてのお話です

 

常緑樹のマツは神聖な木とされて正月飾りに用いるほか、観賞用や防砂・防風林、街路樹としても植えられます

樹脂(松脂)からは塗料や油絵の具の溶剤のテレピン油を製造し、木材は建材に用います

また、樹脂の多い球果(松ぼっくり)や木部は着火し易く、強い火力で燃えることから、現在でも球果を焚火の焚き付けにしたり、伝統行事等で松明(たいまつ)を利用する例もあります

そして、(特にフランスの海岸産)のマツ樹皮にはフラボノイドが多く、強力な抗酸化・抗炎症作用があるとされます

食用となるのは、松茸・松の実・一部の品種の松葉(有毒な品種もある)で、松葉はお茶にして浸出液を飲用します

松の実は脂質・たん白質・ビタミンE・カリウム・リン・マグネシウム・鉄・亜鉛が多く、松葉にはカロテン・ビタミンC・ビタミンK、フラボノイドなどが含まれます

化粧品成分としては、セイヨウアカマツ球果エキスが抗炎症や香料、マツエキスが抗老化

目的として製品に添加されています

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養