たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】562 カリフラワー

2024.03.25

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、カリフラワーについてのお話です

 

カリフラワーは、ブロッコリーと同じように花芽の房を食べる淡色野菜です

三角錐のような房のロマネスコや、茎もアスパラガスのように食べるカリフローレ、紫やオレンジ色のカリフラワーなどさまざまな品種があります

固めに茹でるとコリコリとした食感も楽しく淡白な風味です

若干のアクがありますが、少量の小麦粉を溶いたお湯で茹でるとアクが抜けて、色あいが白くゆで上がります

外観の色の薄い様子から、あまり栄養が無さそうな印象を受けますが、実はビタミンCや食物繊維が豊富です

また、オレンジ色の品種は体内でビタミンAとなるカロテン、紫色の品種は抗酸化成分のアントシアニン色素といった栄養・機能性成分を含みます

淡白な風味にはカレー風味のマヨネーズやチーズなどの濃厚な食材もよく合います

化粧品成分としては、カリフラワーエキスが皮膚コンディショニングの目的で添加されています

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養