たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養④ 栄養の皮膚吸収

2021.07.07

皆さんこんにちは ミキ薬局 管理栄養士です

昔のマンガやドラマのひとコマで、

顔にレモンの輪切りを張り付けパックしているシーンを 

見たことはありませんか?

  

ビタミンCたっぷりのレモン、お肌に良さそう・・・なのですが

食べ物は口から摂りましょう!

飲食物の成分は口から摂って消化し、体に取込んでも安全な状態にしてから吸収されます

(吸収されて体をえさせる、役立つ成分を「成分」といいます)

 

食品の成分は、そのまま肌に触れると、刺激になったり、紫外線を受けてシミの原因に

なったり、体にとって害をなす異物と見なされてアレルギーの要因にもなりかねません

食品のままの状態は、そのまま皮膚から吸収できる栄養成分はまず有りません

 

ビタミン・ミネラルといった栄養成分を肌から取り込む(経皮吸収)には、

成分の精製度や安全性など、きちんと設計加工された製品(医薬品・医薬部外品・化粧品)を利用するようにしましょう

 

*栄養を吸収する小腸の表面積はテニスコート1枚分、皮膚の面積はたたみ1枚分です

 お肌のための栄養摂取には、食事の質・内容が深く関わっています

                            

たべ新聞

2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22食べ物
【商品紹介】尾久ミキ薬局おすすめ商品
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
2024.02.17化粧品
【皮膚と栄養】536 クサソテツ(コゴミ)
2024.02.16化粧品
【皮膚と栄養】535 食用ウチワサボテン(茎・実)
2024.02.15ミキ薬局からのお知らせ
【渋谷店】おすすめ商品と栄養相談のお知らせ
2024.02.15化粧品
【皮膚と栄養】534 タケノコ(筍)
2024.02.15ミキ薬局からのお知らせ
【2024年2月】田端店栄養相談日のお知らせ

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養