たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養⑬ 日焼け

2021.07.17

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

日差しが強くなってきました

近年、日焼け止めや日傘の使用が普及してきたように感じます

そのせいか、日焼けあとの皮むけを見る機会はめっきり少なくなりました

 

強い日焼けはやけどの一種で、炎症を生じている状態です

日焼けでむけた肌は、紫外線によるダメージを受けて死んだ表皮細胞が

正常な入れ替わり(ターンオーバー)周期を待たずに剥がれてしまったものです

表皮の剥がれ落ちた後は、未熟な細胞が急ごしらえの表皮を作るため、

その後の肌は防御機能や肌理(きめ)などが不安定な状態になりがちです

                    

ここまでの状態ではなくても、日焼けしたあとの肌は

デリケートでダメージに弱い状態です

カサつきや小じわ、シミなどのトラブルを残さないよう

 ・冷やして炎症を鎮める・保湿

 ・乾燥の予防(保湿)

 ・刺激を与えない

 ・肌の新陳代謝に必要なたん白質やビタミンミネラルを補う

など、いち早くケアをしましょう

 

 ~具体例~

 ・冷やした化粧水や乳液でたっぷり保湿

 ・熱い湯に浸からず、ぬるめのシャワー浴

 ・弱酸性の洗浄料の泡で、なで洗い

 ・肉・魚・卵・乳製品・大豆製品、新鮮な野菜や果物の摂取

 

       充分な水分補給も忘れずに!~

 

 

たべ新聞

2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22食べ物
【商品紹介】尾久ミキ薬局おすすめ商品
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
2024.02.17化粧品
【皮膚と栄養】536 クサソテツ(コゴミ)
2024.02.16化粧品
【皮膚と栄養】535 食用ウチワサボテン(茎・実)
2024.02.15ミキ薬局からのお知らせ
【渋谷店】おすすめ商品と栄養相談のお知らせ
2024.02.15化粧品
【皮膚と栄養】534 タケノコ(筍)
2024.02.15ミキ薬局からのお知らせ
【2024年2月】田端店栄養相談日のお知らせ

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養