たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】75

2021.10.19

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

湿度が低下し、朝夕がひんやりと秋らしくなってきました

夏の肌ダメージのケアと共に、皮膚の保湿ケアがますます大切になってくる季節です

 

ハンドクリームやボディミルクに『卵黄エキス配合』や『ビタミンA配合』

の表記を見たことが有りませんか?

ビタミンAは、抗酸化作用とともに皮膚膚・粘膜・視神経の健康を保つ働きがあります

脂質に溶けこみ体内に備蓄される脂溶性ビタミンです

動物性食品、特に卵黄肝臓牛乳・乳製品などに豊富です

これらの食品の黄色味を帯びた色は、動物がエサとして摂った

植物性食品のカロテンの色で、ビタミンA自体は無色です

カロテンは緑黄色の濃い牧草や木の葉、野菜や果実などに豊富に含まれ

食べた後に体内でビタミンAに変換、利用されます

 

例えば牛は、食べた牧草のカロテンが牛乳にも移ります

乳の濃縮加工品であるチーズやバターで黄色いクリーム色が濃くなります

ちなみに高温多湿の夏季には、牛もたくさん水を飲むため

冬に搾った牛乳の方が成分が濃く、カロテン量も濃くなります

このため黄色みが強いほど、体内で利用できるビタミンA量も多くなります

 

あん肝や、肝臓を含め丸ごと食べる貝類も

これから旬を迎え、各種栄養成分やビタミンAが充実します

スキンケアのためにも、美味しいものをシッカリいただきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2021.11.29化粧品
【皮膚と栄養】81
2021.11.22化粧品
【皮膚と栄養】80
2021.11.15化粧品
【皮膚と栄養】79
2021.11.08化粧品
【皮膚と栄養】78
2021.11.01化粧品
【皮膚と栄養】77
2021.10.25化粧品
【皮膚と栄養】76
2021.10.19化粧品
【皮膚と栄養】75
2021.10.12化粧品
【皮膚と栄養】74
2021.10.08化粧品
【皮膚と栄養】73
2021.10.04たべ新聞
【皮膚と栄養】73以降について
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養