たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】78

2021.11.08

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

本日はビタミンB2のご紹介です

米飯の炊飯前に加える栄養強化米やビタミン剤の黄色

生の卵白の淡い黄緑色

これらを摂ったあとの尿の黄色

は、いずれもビタミンB2の色です

 

ビタミンB2は主に細胞の再生や脂質代謝、過酸化脂質の分解に関わります

脂質は皮膚や粘膜の細胞の間を埋める成分です

皮脂としても分泌され、外部からの刺激や乾燥から皮膚を守ります

ビタミンB2の作用によって、皮膚組織の脂質は正常に代謝し

細胞を健やかに保ちます

ビタミンB2が不足すると、皮脂酸化による皮膚への刺激、肌荒れ、毛穴詰まりなど

肌トラブルを生じ易くなります

 

また、発熱・激しい運動・脂質の過剰摂取などによるビタミンB2の消費増加や

偏食による摂取不足で、体内にビタミンB2が不足すると

上記のような肌トラブルの他、口内炎や口角炎(唇の端が切れる)も生じ易くなります

 

ビタミンB2は水溶性で体内に蓄えられず、加熱にも弱いビタミンです

腸内細菌も生成をしますが、人体にとって十分な量ではありません

けれども、肉・魚・卵・レバー・納豆・葉野菜など

動・植物性食品、特に動物性食品に幅広く含まれており

1日3食主菜(肉・魚・卵・大豆製品のおかず)を摂っていれば

まず不足に陥ることはありません。ご安心ください!

 

 

 

 

 

化粧品

2021.11.29化粧品
【皮膚と栄養】81
2021.11.22化粧品
【皮膚と栄養】80
2021.11.15化粧品
【皮膚と栄養】79
2021.11.08化粧品
【皮膚と栄養】78
2021.11.01化粧品
【皮膚と栄養】77
2021.10.25化粧品
【皮膚と栄養】76
2021.10.19化粧品
【皮膚と栄養】75
2021.10.12化粧品
【皮膚と栄養】74
2021.10.08化粧品
【皮膚と栄養】73
2021.10.04たべ新聞
【皮膚と栄養】73以降について
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養