たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】80

2021.11.22

さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

本日はビタミンB12のご紹介です

ビタミンB12はアミノ酸や脂肪酸の代謝に関わり、皮膚や粘膜の健康を支えます

脳や末梢の神経の働きも助けます

このため、ハンドクリームやビタミン剤や目薬(点眼液)などに配合されています

製品が淡いピンク色をしていれば、それはビタミンB12そのものの色です

ご覧になったことはありませんか?(コチラ↓は市販目薬の例です)

                

また、ビタミンB12は体内で葉酸を作ります

葉酸は、鉄と結びつき全身に酸素を運ぶ『赤血球』を作る成分です

なお、ビタミンB12は大腸の腸内細菌からも生成されますが

人体はこれを吸収・利用出来ないため、飲食物から摂る必要があります

ビタミンB12は動物性食品に含まれますが、海苔以外の植物性食品には殆ど含まれません

そして、ビタミンB12を吸収する場所は胃粘膜です

このため、厳格な菜食主義者(サプリメントによるビタミンB12補給をしていない)や

胃がんなどで胃の大部分を切除した方は貧血症になり易いです

 

なお、ビタミンB12は水溶性ビタミンですが他の水溶性ビタミンとは異なり

肝臓や筋肉中に備蓄できます

1日の必要量が微量のため、体内備蓄の枯渇まで3~5年程持ちこたえられます

このため、胃切除を行った場合は数年後にビタミンB12を注射します

もし慢性的に肌・粘膜のトラブルがあり、ビタミンB12不足の心当たりがある方は

長いスパンで食習慣の改善に取り組む必要が有るといえます

必要な栄養を、食事から十分に摂りましょう

化粧品

2021.11.29化粧品
【皮膚と栄養】81
2021.11.22化粧品
【皮膚と栄養】80
2021.11.15化粧品
【皮膚と栄養】79
2021.11.08化粧品
【皮膚と栄養】78
2021.11.01化粧品
【皮膚と栄養】77
2021.10.25化粧品
【皮膚と栄養】76
2021.10.19化粧品
【皮膚と栄養】75
2021.10.12化粧品
【皮膚と栄養】74
2021.10.08化粧品
【皮膚と栄養】73
2021.10.04たべ新聞
【皮膚と栄養】73以降について
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養