たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】88 ビタミンE

2022.01.07

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

ビタミンEについてご紹介します

寒くなると身体の末梢にある毛細血管が収縮して血行が悪くなります

すると、血液を介した皮膚・爪・毛根への栄養・酸素の運搬が滞り

肌荒れしもやけ血色不良を生じるなど、コンディションが悪くなります

 

ビタミンE血行を促すはたらきのある脂溶性ビタミンの代表格です

サツマイモやかぼちゃ、アーモンドなどのナッツ類、

穀類の胚芽部分や植物油、レバー、肉や魚の脂質に含まれます

古くは生殖機能を正常に保つビタミンをして認識され

最近は抗酸化ビタミンとしての面で注目度が高まっています

紫外線やストレスなどによる細胞の酸化を抑える働きがあります

 

食品からの目安摂取量は、成人男性で   6.5㎎/日・成人女性で6.0㎎/日

  〃    上限摂取量は、成人男性で750~900㎎/日・成人女性で650~700㎎/日

ビタミン剤による一般的な処方量は 300~600㎎/日 前後

ですが、目安摂取量のレベルを日々充足させること自体に工夫を要します

このため食事による過剰摂取の心配はまずありません 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養