たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】90 カルシウム

2022.01.11

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回はカルシウムについてご紹介します

カルシウムは体重の1~2%を占めるミネラル成分で、主に骨や歯を作ります

体内のカルシウムの99%は骨や歯に、1%は生体の保持・活動のため各所に分布します

 

においては、きめの整った角質層を作り皮膚の保水性を保つために必須です

また骨量を維持し、皮膚筋肉を下から支えます

もし量が減ると、のたるみやしわの原因となります

(特に頭蓋骨の骨量減少は、お顔の肌の状態に直結します!)

 

このように、カルシウムは十分に摂取したいミネラルですが

火山の多い日本の土壌はカルシウムが少なく、国産農産物中の含有量も少ない傾向です

このため、日本人は諸国に比べ、カルシウム摂取の充足率が低めです

さらに、活動量の低下は筋肉の減少だけでなく骨量・骨密度の低下も招き、

骨量・骨密度の低下が続くとやがて粗しょう症を来します。

砂糖・食塩・食品添加物中のリン・たん白質・アルコール・カフェインなどの過剰摂取も

カルシウムの排出を促進するため、要注意です

 

カルシウムは乳・乳製品・硫酸カルシウムを凝固剤とする豆腐や豆腐加工品・小魚

魚介類(特に鮭中骨缶など骨ごと加圧加熱した製品)・海藻類・葉物野菜・黒砂糖などに豊富です

また、ビタミンCやクエン酸、乳酸によって吸収率がアップするため

レモン果汁や黒酢、乳酸発酵食品(ヨーグルト・漬物 等)などの積極的な利用をお薦めします

        

        注意乳酸発酵ではあっても柴漬けや古漬けなどの漬物類は塩分が多く

           砂糖のWHO推奨摂取量は25g/日以下で、黒砂糖も含まれます

           このため、これらを1日に利用できる分量は限られます

 

 

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養