たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】96 銅

2022.01.24

みなさんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回は銅についての紹介です

                

銅は注目される機会は少ないのですが、成人の体に70~100㎎程存在します

特に5割ほどが骨や筋肉に、1割ほどが肝臓に分布しています

肌に関しては、コラーゲンの合成に関わる成分です

細胞膜の酸化を抑える働きがあることから、『酸化に伴う老化』の予防が期待されます

 

また、赤血球中のヘモグロビンの合成にも関わり、貧血予防の点でも不可欠な成分です

ちなみに、ヒトの血液の赤色は赤血球の鉄が酸素に結び付いての発色ですが

貝やカニ・エビの場合は銅が鉄の役割をし、青色を呈します

つまり、あさりやシジミは鉄が豊富とされますが、これは血液中の鉄量ではなく肝臓に

貯蔵されている鉄量によるものです

このため、ホタテ貝や青柳などの貝柱だけを食べる際の鉄量は多くはありません

 

銅は、上で挙げたような甲殻類や貝類、レバー(肝臓)、魚介類などに多く含まれます!

 

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養