たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】97 セレン(セレニウム)

2022.01.26

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回はセレン(セレニウム)についてのお話です

日本の土壌にはもともと豊富なため、国産の農産物や国産飼料を用いた畜産物を

摂る機会の多い日本人では、欠乏症はまず生じません

畜肉肝臓魚介類大豆製品など、たん白質食品多く含まれます

 

セレンは、抗酸化酵素(活性酸素のはたらきを抑える酵素)や

抗酸化ビタミンであるビタミンCの再生を助ける酵素を構成する成分の一つです

このため代表的な作用として

活性酸素による人体組織への害を抑える(アンチエイジング)への有用性が

期待されています

 

セレンは、セレンが豊富な土壌・地域の湧水や温泉水にも豊富に含まれます

例えばフランスのラロッシュポゼ村の湧水を使用したスキンケアブランド

このセレンのはたらきに着目して製品展開をしています

ミキ薬局田端店内スキンケアショップmikiluce ほかミキ薬局一部店舗で取扱中です

(ちなみに同国のアベンヌ村の湧水のミネラルは、カルシウムとマグネシウムを

 2:1の比率で含むことが特徴のひとつです)

 

各地域で自然が保護され、その風土・土壌のチカラは美や健康に活かされています!

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養