たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】103 ニッケル

2022.02.09

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回はニッケルについての紹介です

ニッケルは合金や電池、メッキなどに利用される金属ですが

食品の栄養成分でもあります

特に、カカオ高配合のチョコレートや純ココア、豆類や海藻に多く含まれます

 

体内では

☆尿素分解酵素の構成成分の一つとして働く      ☆鉄の吸収を促す

☆ビタミンB6と共にたん白質や脂質の代謝を促す   ☆核酸を安定させる

といった働きをします

過剰症や欠乏症は確認されていません

  

そして、【皮膚と栄養】99で紹介したクロムと同様に

アレルギーを引き起こしやすい金属のひとつとされています

メッキ製品などによるニッケル接触性アレルギーがある方の場合

これらの食品の過剰摂取による感作で、食物アレルギー反応を招くおそれがあります

 

なお、特定の食品に偏り過剰摂取することは控えたいですが

食べることをいたずらに恐れる必要はありません

もし不安や不具合が有れば、早めに医師の指示を仰ぎましょう

自己判断で摂取を避けることは、かえって健康・栄養面の不具合を招きかねません

くれぐれも注意しましょう

 

 

 

 

化粧品

2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン
2022.11.17化粧品
【皮膚と栄養】300 皮膚とアミノ酸類⑦ アスパラギン酸
2022.11.16化粧品
【皮膚と栄養】299 皮膚とアミノ酸類⑥ アルギニン
2022.11.15化粧品
【皮膚と栄養】298 皮膚とアミノ酸類⑤ シトルリン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養