たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】106 たん白質

2022.02.16

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回はエネルギー源の『三大栄養素(たん白質・脂質・糖質)』から

たん白質のご案内をします

たん白質は1g当たり4kcal です 

厚生労働省では1日に摂るエネルギーの13~20%をたん白質から摂るよう奨めています

  

たん白質は皮膚や爪や髪、筋肉など体をつくる原料です

さらに、たん白質は各種のアミノ酸の組合せで作られています

たん白質は不足しても、他の栄養素で代わりができません

そしてたん白質を作るアミノ酸には、体内で作り出せない種類もあります

これは口から摂る必要があるため『必須アミノ酸』といいます

そして、動・植物各種で異なるアミノ酸の組合せで、体内の利用効率に差が生じます

肉・魚・卵・乳・大豆の効率は100%で、植物性食品では低くなる傾向です

 

なお、乳や大豆が主原料としたプロテインも市販されていますが

通常の活動レベルでは、普段の食事で十分にたん白質の摂取ができます!

むしろたん白質の摂り過ぎは、代謝した後の『燃えカス』を排出するため

腎臓に負担をかけたり、エネルギーの摂り過ぎとなってしまいます

また、たん白質の代謝に関わるビタミンB群を浪費し、肌荒れや吹き出物などを生じ易くなります

さらに酸性に傾く血液のPHを整えるため、骨のカルシウムを溶かし消費してしまいます 

そしてたん白質の多い動物性食品には、脂質やプリン体を含むものもあります

たん白質の必要量には、年齢・性別・体格・活動量・健康状態など個人差が影響するので

適量や摂り方について不明な点は、医師・薬剤師・管理栄養士にぜひ相談しましょう

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養