たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】295 皮膚とアミノ酸類② カルニチン

2022.11.11

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

食品中のアミノ酸類はスキンケアに深く関連します

今回は、カルニチンについて紹介をします

カルニチンはアミノ酸のような働きをする『アミノ酸誘導体』です

必要量の1/4が体内で生成され、残りを食品からの摂取で確保しています

羊や牛、鯨やマグロなどの赤身肉に豊富に含まれ、体脂肪(を構成する脂肪酸)を燃焼し消費を促す働きがあります

この働きがダイエットやアンチエイジングの目的で注目され、過去にはジンギスカン等の羊肉料理がブームとなりました

皮膚においては、L-カルニチンが、皮膚の新陳代謝に必要なエネルギーの供給を促します

このため、L-カルニチンの減少は肌荒れの一因になると考えられます

なお、加齢に伴い体内でのカルニチンの生成量は減少します

このため、筋肉のやせを防ぐ目的も併せて赤身肉を積極的に摂取することが推奨されます

 

 

 

 

化粧品

2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン
2022.11.17化粧品
【皮膚と栄養】300 皮膚とアミノ酸類⑦ アスパラギン酸
2022.11.16化粧品
【皮膚と栄養】299 皮膚とアミノ酸類⑥ アルギニン
2022.11.15化粧品
【皮膚と栄養】298 皮膚とアミノ酸類⑤ シトルリン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養