たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】299 皮膚とアミノ酸類⑥ アルギニン

2022.11.16

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

食品中のアミノ酸類はスキンケアに深く関連します

今回はアルギニンについてのお話です

アルギニンは免疫機能を高めたり、血流成長ホルモンの分泌を促すといった働きのあるアミノ酸です

このため、褥瘡(床ずれ)が生じ易い方などに向けた介護用食品や、ミキ薬局一部店舗で取扱中の濃厚栄養食(例:明治メイバランスminiカップ)にも、アルギニンの添加・強化製品があります(例:明治メイバランスargminiカップ←店舗毎に取扱有無・種類は異なる

 

このような身体組織への作用は、皮膚細胞のコンディションに対しても期待できるため、アルギニンは『美肌をつくるアミノ酸』ともいわれています

なお、アルギニンは体内できるものの量的に十分ではなく食品から必要量を確保する必要があります

このため、『準必須アミノ酸』の位置づけとなります

それでも、鶏肉・大豆製品・ナッツ・乳製品等から比較的多く摂取することが出来ます!

 

 

 

 

化粧品

2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン
2022.11.17化粧品
【皮膚と栄養】300 皮膚とアミノ酸類⑦ アスパラギン酸
2022.11.16化粧品
【皮膚と栄養】299 皮膚とアミノ酸類⑥ アルギニン
2022.11.15化粧品
【皮膚と栄養】298 皮膚とアミノ酸類⑤ シトルリン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養