たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】415  カカオ豆

2023.04.14

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です  

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、カカオ豆についてのお話です

 

カカオ豆はカカオの実(↑図)の中で、一粒ずつ白いワタ(果肉)で包まれた種子です

名前には豆とありますが、マメ科ではないため、豆ではなく種実類です!

これを乾燥・発酵・焙煎・すり潰し、脂質によってペースト状になったものに甘味料や乳成分を混ぜチョコレートを作ります

また、脂質(カカオバター)を除いて粉末に加工したものがココアパウダーです

カカオ豆にはリラックス作用のあるテオブロミンや、興奮・利尿作用のあるカフェインが含まれます

さらにはたん白質や食物繊維・カリウムや、抗酸化成分のビタミンE・ポリフェノール類、芳香成分も含まれます

脂質(ココアバター)は酸化に対し比較的強い(安定した)飽和脂肪酸が多く、体温で溶けやすい性質があります

このココアバターを精製した『カカオ脂』は、マッサージオイルやスキンケア製品の基剤(ベース)やエモリエント成分、医薬品の座薬の基剤などに利用されています

体の内と外から、お肌を健やかにする助けとなる食品ですね

 

 

 

 

 

化粧品

2024.06.24化粧品
【皮膚と栄養】625 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㊱ 1,3‐ブチレングリコール
2024.06.23化粧品
【皮膚と栄養】624 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉟ ペンタステアリン酸デカグリセリル
2024.06.21化粧品
【皮膚と栄養】623 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉞ べへニルアルコール
2024.06.20化粧品
【皮膚と栄養】622 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉝ ジイソステアリン酸ポリグリセリル
2024.06.19化粧品
【皮膚と栄養】621 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉜ グリセリン脂肪酸エステル
2024.06.18化粧品
【皮膚と栄養】620 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉛ ステアロイル乳酸Na
2024.06.17化粧品
【皮膚と栄養】619 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉚ 精製水
2024.06.15化粧品
【皮膚と栄養】618 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉙  濃グリセリン
2024.06.14化粧品
【皮膚と栄養】617 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉘ プロパンジオール
2024.06.13化粧品
【皮膚と栄養】616 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉗ 結晶セルロース
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養