たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】420 クリ(栗)

2023.04.20

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です  

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、クリ(栗)についてのお話です

木材や蜂蜜も利用されますが、何といっても栗の実は秋の味覚の代表です

焼き栗やきんとん、甘露煮や渋皮煮、炊き込みご飯も美味しいですね

 

イガが弾けると食べ頃を迎え、鬼皮や渋皮を剥いて加熱し、消化の良い状態(α化)にしたデンプン質(糖質)の子葉部分を食べます

食物繊維や、食物繊維、ビタミンBやC、抗酸化作用のあるポリフェノールのタンニン等が含まれます

タンニンは鬼皮や渋皮に多く含まれ、鬼皮は草木染めの染料にも利用されます

なお、日本の栗は薄皮が剥きにくいため、包丁で実の表面を薄く削るように剥きますが、剥かずにそのまま渋皮煮にすると、上品な渋味が風味のアクセントとなり、パワーのある抗酸化成分として摂取できます

なおタンニンの渋味が強いため、調理の際は水さらしや茹でこぼしによるアク抜き処理で、ある程度タンニンを除く必要があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2024.07.24化粧品
【皮膚と栄養】645 食品由来の化粧品成分⑯ 甜茶エキス
2024.07.23化粧品
【皮膚と栄養】644 食品由来の化粧品成分⑮ 柿タンニン
2024.07.22化粧品
【皮膚と栄養】643 食品由来の化粧品成分⑭ 茶カテキン 
2024.07.20化粧品
【皮膚と栄養】642 食品由来の化粧品成分⑬ テアニン 
2024.07.19化粧品
【皮膚と栄養】641 食品由来の化粧品成分⑫ リコピン 
2024.07.18化粧品
【皮膚と栄養】640 食品由来の化粧品成分⑪ 炭酸カルシウム
2024.07.17化粧品
【皮膚と栄養】639 食品由来の化粧品成分⑩ 炭
2024.07.16化粧品
【皮膚と栄養】638 食品由来の化粧品成分⑨ 海塩(塩化ナトリウム)
2024.07.13化粧品
【皮膚と栄養】637 食品由来の化粧品成分⑧ レシチン
2024.07.12化粧品
【皮膚と栄養】636 食品由来の化粧品成分⑦ コメヌカ(米糠)エキス
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養