たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】485 花梨(カリン)

2023.12.05

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、花梨(カリン)についてのお話です

 

素晴らしい芳香で美味しそうなバラ科の果実です

けれども、和梨のシャリっとした食感を生む石細胞がカリンには非常に多く、硬くて酸味も強いために生食はできません

このため、コンポートや砂糖漬け、エキス成分の利用(のど飴・果実酒等)が一般的です

なお、果肉は加熱調理すると美しい赤色に発色し、その色あいは紅玉りんごのコンポートにも似ています

そして、カリンエキスには咳や痰を抑える成分が含まれ、医薬品やのど飴などに利用されています

化粧品成分としてはカリンエキスが、酸化防止・収れん(引締め)・保湿・エモリエントなどを目的に添加されています

化粧品

2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
2024.02.17化粧品
【皮膚と栄養】536 クサソテツ(コゴミ)
2024.02.16化粧品
【皮膚と栄養】535 食用ウチワサボテン(茎・実)
2024.02.15化粧品
【皮膚と栄養】534 タケノコ(筍)
2024.02.15ミキ薬局からのお知らせ
【2024年2月】田端店栄養相談日のお知らせ
2024.02.14化粧品
【皮膚と栄養】533 コールラビ
2024.02.13化粧品
【皮膚と栄養】532 アスパラガス
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養