たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】520 マンゴスチン

2024.01.27

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、マンゴスチンについてのお話です

マンゴスチンは果皮を除くと蜜柑の房のような白い果肉があらわれます

風味が優れており、『果物の女王』といわれています

産地ではもっぱら生食されていますが、日本では栽培されていないため、国産の生の果実は流通していません

また、生の果実は日持ちが良くないため、冷凍品やジュースや缶詰(シロップ漬け)などの加工品が多く流通しています

栄養成分としては、水分やカリウム、若干のビタミンEやB群などが含まれます

化粧品成分としてはマンゴスチン果実エキスが、抗酸化、抗糖化を目的として添加されています 

  

 

化粧品

2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
2024.02.17化粧品
【皮膚と栄養】536 クサソテツ(コゴミ)
2024.02.16化粧品
【皮膚と栄養】535 食用ウチワサボテン(茎・実)
2024.02.15化粧品
【皮膚と栄養】534 タケノコ(筍)
2024.02.15ミキ薬局からのお知らせ
【2024年2月】田端店栄養相談日のお知らせ
2024.02.14化粧品
【皮膚と栄養】533 コールラビ
2024.02.13化粧品
【皮膚と栄養】532 アスパラガス
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養