たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】541 キャベツ

2024.02.26

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、キャベツについてのお話です

 

キャベツはアブラナ科の淡色野菜です

葉が球形に巻くため、別名をタマナ(玉菜)ともいいます

国内では漬物や加熱調理が主でしたが、洋食の普及とともに付け合わせのせんキャベツとして、生食も始まりました

食物繊維、糖質、ビタミンC、そして整腸作用のあるビタミンUを豊富に含みます

食事の際に野菜から食べると、食物繊維によって糖質の吸収速度が緩やかになり、血糖のコントロールに役立ちます

その一例として、身近な野菜であるキャベツの摂取がしばしば推奨されています

なお、寒冷期のキャベツは、組織の水分が凍らないよう糖質濃度を高めて凍結を防ぎます(不凍液の役割)

このため、冬のキャベツは葉の巻気がしっかりとかたく、糖質量が蓄えて甘味が増します

春キャベツは葉の巻きが緩く、葉が柔らかく瑞々しいのが特徴です 

化粧品成分としては

・キャベツエキス:エモリエント

・キャベツ葉/茎エキス:酸化防止、エモリエント、髪・爪コンディショニング

を目的として添加されています

 

 

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養