たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】589  スキンケアに役立つカビ

2024.05.07

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

数回シリーズで食品やスキンケア製品に利用される微生物の種類や働きを紹介します

今回はカビ(コウジカビを含む)についてです

日本は、有用な多種の微生物の繁殖に適した気候風土を有し、糖質・たんぱく質を栄養源とする発酵食材が数多く作られています

特にコウジカビは有用なカビで、米・麦・大豆等の穀類に繁殖させた麹(コウジ)として食品に利用されています

麹は、酒・漬物・調味料などの発酵食品の製造に不可欠です

その種類には、日本酒・甘酒・漬物などに甘味や風味を与える白麹、泡盛・焼酎・黒酢等に酸やコクを与える黒麹、味噌や醤油の旨味を生む黄麹、とうふよう・練製品などの着色に用いられる紅麹などがあります

本来、紅麹は古くからカビ毒を作らないものが利用されており、近年の機能性成分の抽出技術も安全性の確立された方法が採られています

化粧品成分としては、麹が糖の発酵の際に生成するコウジ酸が、美白を目的として製品に使用されています

 

 

 

 

 

 

化粧品

2024.06.24化粧品
【皮膚と栄養】625 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㊱ 1,3‐ブチレングリコール
2024.06.23化粧品
【皮膚と栄養】624 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉟ ペンタステアリン酸デカグリセリル
2024.06.21化粧品
【皮膚と栄養】623 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉞ べへニルアルコール
2024.06.20化粧品
【皮膚と栄養】622 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉝ ジイソステアリン酸ポリグリセリル
2024.06.19化粧品
【皮膚と栄養】621 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉜ グリセリン脂肪酸エステル
2024.06.18化粧品
【皮膚と栄養】620 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉛ ステアロイル乳酸Na
2024.06.17化粧品
【皮膚と栄養】619 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉚ 精製水
2024.06.15化粧品
【皮膚と栄養】618 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉙  濃グリセリン
2024.06.14化粧品
【皮膚と栄養】617 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉘ プロパンジオール
2024.06.13化粧品
【皮膚と栄養】616 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉗ 結晶セルロース
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養