たべ新聞

0

お知らせ

熱中症とは?

2021.08.02

こんにちは!ミキ薬局 管理栄養士の森です(^^)
いよいよ8月ですね

日差しが強くカラッと暑い日があれば
風が少なくジメジメと蒸し暑い日もあり

マスクの着用が特に辛い季節ですね(;O;)

                   

私たち人間の体は、平常時であれば体温が上がると
汗や皮膚温度を上昇させることで
体にこもった熱を体外へ逃がす体温調節が自然と行われます

ところが体温の上昇と体温を調節する機能のバランスが崩れる
どんどん体に熱が溜まってしまいます
このような状態を熱中症と呼びます

体温を調節する機能のバランスが崩れる要因として
「環境」「からだ」「行動」によるものが挙げられます

 

環境 :気温・湿度が高い、日差しが強い、風が弱い
    締め切った屋内、エアコン設備のない部屋
    水分補給できない状況

からだ:ご高齢の方・乳幼児のお子様
    下痢などによる脱水状態にある方
    二日酔いや寝不足といった体調不良のある方

行動 :激しい運動・労働、長時間の屋外作業

 

こうした要因から体を守り、熱中症を予防するためには次のポイントがお勧めです

 

①こまめな水分・塩分補給
 のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分補給しましょう

②エアコン・扇風機を上手に活用

③シャワー・タオル・保冷剤などで体を冷やす
 特に首回り、わきの下、足の付け根など

④通気性のよい吸湿性・速乾性のある服装を着用

⑤日傘・帽子の着用

   

そして普段から部屋の温度・湿度を計ること

暑い時には決して無理をせず、涼しい屋内で過ごすように心がけ

熱中症を予防しましょう!

栄養士より

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】美味しく減塩始めませんか
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.30ミキ薬局からのお知らせ
【2023年2月】田端店栄養相談のお知らせ
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27栄養士より
【イベントのご案内】ポッカスタンプカードキャンペーン
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養