たべ新聞

0

健康のレシピ

食物繊維をたっぷり摂る 〜豆を食べよう!②〜

2011.01.14

豆を常備しておくと、スープやシチュー、煮込み料理、サラダ、コロッケや春巻の具などに重宝です

 

 乾物の豆を使って、料理の素材になる水煮や薄味煮、こっくりと甘い煮豆を作ってみませんか?

 少し時間はかかりますが好みの柔らかさと味付けで、たっぷり常備できて経済的です  

 

豆の煮方のキホン

� 豆(乾物)はキズ・虫食いを取り除いて洗う

� 厚手の鍋に豆の3〜4倍容量の湯を沸かす

  火から下ろし�を加え1晩(6〜12時間)浸け置く

注意) 小豆は浸水の代りに下茹でし、水を替える

� �を火にかけ、湯が沸いたら弱火〜中火で煮る

� 豆が柔らかくなったら調味料を加えて煮含める

注意)

 ��:液面から豆が出ると加熱ムラや皮が裂ける

     原因になるため、落し蓋をして豆が踊らない

     ように弱火〜中火で静かに煮る

     水が足りなくなる場合には早目に差し水をする

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加熱時間の目安                                 

・ 大豆  えんどう豆  : 約3〜4時間            

・ 小豆  うずら豆   : 約40〜80分      

 (圧力鍋の利用も良いですね)                   

 

健康のレシピ

2023.01.05健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】うるおい対策しませんか?
2022.10.29健康のレシピ
【皮膚と栄養】285 ちょっと寄り道 『分子調理』 
2022.09.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】アマニを食べよう!
2022.07.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】おいしくカロリー計算
2022.05.24健康のレシピ
【養命酒製造の黒酢レシピ】黒酢サバ大根
2022.05.06健康のレシピ
【健康のレシピ】ドライプルーン
2022.04.27健康のレシピ
【健康のレシピ】酵素
2022.04.25健康のレシピ
【健康のレシピ】宅配弁当
2022.04.21健康のレシピ
【健康のレシピ】ショウガ(生姜)
2022.04.20健康のレシピ
【健康のレシピ】酢・柑橘果汁
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養