たべ新聞

0

健康のレシピ

コレステロールが高い方が長生きって、ホント?

2018.10.01

こんにちは ミキ薬局管理栄養士の畠山です

 

世の中には、魅力的な健康情報が紹介されています。

健康づくりのやる気スイッチが入りますね!

 

でも・・・ちょっと待って下さい! 時々、あれあれ?という情報も紛れています

 

数字やグラフを根拠に解説されると、つい正しい情報、と信頼しがちですが、

この数字、

たとえ悪意が無くても、伝える側や受け取る側の期待・希望によって

解釈が変わってしまうことがあります。

その解釈によっては、せっかくの情報が健康を損ねてしまうかもしれません!

 

例えば、『統計上、総コレステロールの数値が高い人の方が長生きだった!』

というもの。

 

これを

「コレステロール値がちょっと高めの方が、健康に良いね? 安心したワ♪」

「コレステロール値が低いと長生きできないなら、好物の卵、たっぷり食べましょ!」

などと解釈する風潮がありますが・・・ちょっと待って下さい!!

 

私たちは体内で、コレステロールは食事から摂取する量の数倍を作り出しています。

主に肝臓で合成します。

この肝臓が病気になり、病状が進むと、コレステロールをそれまでのように

合成出来なくなり、その結果、総コレステロール値が低下してゆきます。

その肝臓の病気は、肝臓病・肝臓がん・肝硬変など。

・・・いずれも、早期の予防や適切な治療が必要な、命に関わる病気です。

 

「コレステロールの値が低いと長生きできない」 のではなく、

「統計上、死因となった疾患には、コレステロール値が低下する例が多い」 のです。

 

また、この統計上の数字は、長生き=健康 を示すものではありません。

健康に長生きをするためにコレステロールの摂り方を考えるならば、

自分の脂質代謝の力に見合う摂り方をしなければなりません。

最近数値が基準値から外れてきた(代謝が変化してきた)なら、

食習慣を振り返る・食事からの摂取量を控えめにする・排出を促す・・・など。

 

たくさんの健康情報から、自分に合ったものを探して活用するには、

「この情報は大丈夫かな?」 という「?」を持つ事が大事です

迷ったら、専門家に相談しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

健康のレシピ

2019.10.08健康のレシピ
卵と上手に付き合おう!鶏卵利用の歴史⑤(生食)
2019.08.29健康のレシピ
卵と上手に付き合おう!④鶏卵利用の歴史(食用以外)
2019.08.29健康のレシピ
卵と上手に付き合おう!③鶏卵利用の歴史(日本の卵レシピ)
2019.08.26健康のレシピ
卵と上手に付き合おう!②鶏卵利用の歴史(卵の保存)
2019.08.26健康のレシピ
卵と上手に付き合おう!①鶏卵利用の歴史(菓子)
2019.08.21健康のレシピ
果糖の豊富な甘味料【異性化糖】
2019.08.21健康のレシピ
果糖の豊富な天然甘味料【蜂蜜】
2019.08.20健康のレシピ
血糖値にやさしい糖?【果糖】
2019.04.26健康のレシピ
『社会的時差ボケ』で太りやすく?!
2019.04.25健康のレシピ
1日の何時間を座って過ごしていますか?
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養