たべ新聞

0

健康のレシピ

卵と上手に付き合おう!①鶏卵利用の歴史(菓子)

2019.08.26

こんにちは。夏の疲れを感じる頃ですが、食欲はありますか?

食が進まない時は、栄養豊富な「鶏卵」を食べましょう。

 

鶏卵はコレステロールが多い食品のため、

血液検査値が基準の範囲を外れる方の場合は摂り方を控えめにしたいのですが、

栄養的に優れた食品のため、全く口にしないというのはもったいない事です。

 

今回は、私達が親しんでいる鶏卵の利用方法の歴史について、触れてみたいと思います。

1回目は【お菓子】です。

 

日本では、動物性食品を使った独自の菓子の発展は皆無といってもよく、

スペインやポストガルから伝わって以来、徐々に親しまれるようになりました。

これらの国々から広まった菓子は、カステラのように卵黄をふんだんに使用した焼菓子や、

有平糖・金平糖のように、砂糖や糖蜜を使用したものが多いようです。

植民地であった地域に残るエッグタルトなどもその一例です。

 

これらの国では昔、卵白を布やレースの飾り襟、漁に使う網の糊付けや補強などに使っていました。

特にカトリックの修道院では、司祭の権威を示す豪華な服飾品にふんだんに卵白を用い、

余った卵黄の有効利用のために菓子を作ったことが、卵黄を多用した菓子の発展に繋がっています。(これらの国で砂糖の使用が早かったことも後押しとなっています。)

 

その後、日本に伝わったカステラや卵そうめん(卵黄液を沸かした糖液に糸状に垂らして煮固めた菓子)などの菓子は、より繊細に独自の発展を遂げ、現在に至っています。

 

 

健康のレシピ

2020.07.03健康のレシピ
適度な糖質摂取でハツラツ!
2020.05.20健康のレシピ
楽しい食事で免疫力を高めましょう!
2020.05.19健康のレシピ
免疫力と体温
2020.04.28健康のレシピ
免疫力を高めるために②
2020.04.28健康のレシピ
免疫力を高めるために①
2020.04.24健康のレシピ
免疫力とは
2020.04.23健康のレシピ
腸とお肌の関係
2020.04.21健康のレシピ
麺類と塩分
2020.04.17健康のレシピ
ヘルシーに! 袋ラーメンで昼食を
2020.04.15健康のレシピ
パンと塩分
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養