たべ新聞

0

健康のレシピ

腸とお肌の関係

2020.04.23

こんにちは

ミキ薬局管理栄養士の谷口です

 

最近は外出自粛の影響から、家でゆっくり過ごす時間が長くなりましたね

そんな今こそ、美容に力を入れるチャンスではないでしょうか?

 

化粧水、美容液など外からのケアはもちろんですが

食べるものも意識して、体の中からキレイになりましょう

 

 

 

お肌の健康を保つためには、腸内環境を保つことが重要です!

 

腸内環境が乱れると、栄養の吸収率、免疫力などの低下が影響して

■肌荒れ、にきび

■肌の水分量の低下

■肌のきめが粗くなる

などお肌にも悪い影響が出てしまいます

 

①善玉菌を食べ物から摂り入れましょう 

 善玉菌はヨーグルト、納豆、チーズ、漬物など発酵食品に多く含まれます

 乳酸菌やビフィズス菌などをこまめに摂り入れましょう

 

②善玉菌を増やしましょう

 摂った善玉菌は、腸内で増やすことが効果的です

 オリゴ糖 や 水溶性の食物繊維 は腸内で善玉菌のえさとなります

 

 水溶性食物繊維は具体的には

 海藻類、オクラ、納豆、バナナ、山芋など

 つるつるねばねばした食品に多く含まれます

 

腸内環境は日々変化するため

習慣的にこれらの食品を摂り入れることが大切です

 

暗くなりがちなご時世ですが

おいしく食べて綺麗になって、おうち時間を充実させましょう♪

 

健康のレシピ

2022.10.29健康のレシピ
【皮膚と栄養】285 ちょっと寄り道 『分子調理』 
2022.09.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】アマニを食べよう!
2022.07.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】おいしくカロリー計算
2022.05.24健康のレシピ
【養命酒製造の黒酢レシピ】黒酢サバ大根
2022.05.06健康のレシピ
【健康のレシピ】ドライプルーン
2022.04.27健康のレシピ
【健康のレシピ】酵素
2022.04.25健康のレシピ
【健康のレシピ】宅配弁当
2022.04.21健康のレシピ
【健康のレシピ】ショウガ(生姜)
2022.04.20健康のレシピ
【健康のレシピ】酢・柑橘果汁
2022.04.18健康のレシピ
【健康のレシピ】低エネルギー甘味料
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養