たべ新聞

0

健康のレシピ

適度な糖質摂取でハツラツ!

2020.07.03

みなさんこんにちは! ミキ薬局の管理栄養士です

 外出自粛によって

・運動不足で太ってしまった!  ・家ごもりのストレスでイライラする

との声を多く聞くようになりました

 一念発起し

・糖質カットで減量しよう!   ・身の回りから甘いものを全て排除しよう

とお考えの方もいらっしゃるようです

 

・・・でも、ちょっと待って下さい!

ご飯・パン・麺・芋・果物・甘味料などの糖質(でんぷんや糖類)は、

脳や体に欠かせない栄養です

極端にカットすると、心や体に不調を生じます

(例)・わけもなく気分がふさぐ・落ち込む・イライラする

   ・物事に長く集中できない

   ・思うように体が動かない だるい

 特には、自律神経やホルモン分泌の調整に関わっており

気分や体調、身体活動をつかさどる大事な臓器です 

1日の食事で摂ったうちの、18%ものエネルギーを消費します

そして、脳が使うこれだけのエネルギーのほぼ全てが糖質です!

 

私達が1日の食事で摂っているエネルギー量の50~65%は糖質です

これは糖質の重量にしておおよそ200~300gに相当します

(白飯1膳分150gの糖質量は約55g)

 また、食事で摂った糖質の多くが筋肉や内臓でも消費されますが

糖質はたん白質や脂質を十分に利用、消費するためにも働きます

糖質が不足すると、エネルギー消費が『節約モード』になってしまいます

これから運動を始めて『コロナ太り』を解消したいワ、という方には特に要注意ですね!

 

*1日3食、適量の糖質を摂る

*甘いものが欲しい時は、食べる(適量は80~200キロカロリー相当/日)

*食べたら、動く

 を心掛けましょう!

 

気分スッキリ、元気ハツラツで過ごしたいですね

 

 

健康のレシピ

2020.07.03健康のレシピ
適度な糖質摂取でハツラツ!
2020.05.20健康のレシピ
楽しい食事で免疫力を高めましょう!
2020.05.19健康のレシピ
免疫力と体温
2020.04.28健康のレシピ
免疫力を高めるために②
2020.04.28健康のレシピ
免疫力を高めるために①
2020.04.24健康のレシピ
免疫力とは
2020.04.23健康のレシピ
腸とお肌の関係
2020.04.21健康のレシピ
麺類と塩分
2020.04.17健康のレシピ
ヘルシーに! 袋ラーメンで昼食を
2020.04.15健康のレシピ
パンと塩分
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養